サッシの設置について

知り合いの方で、サッシの設置の際に外付けうち付け、半外付けの違いについて気にしている方がいたので、調べてみたのですが、サッシの内付けはガラス建具が柱の外側を走るサッシで、昔ながらの真壁の和室では現在も使用されています。
半外付けは部屋側の建具が柱の内側を走り、外側の建具が柱の外を走るサッシのことで、洋間や大壁の和室で窓枠の付く場所に使用されるサッシのことのようです。
大体柱の外面を基準にして外につくのかうちにつくのか、半分半分につけるのかが基準になるようで、昔はほとんどが内付けだったそうです。
ただ内付けだとサッシ面が外壁よりも中に来て、見切りが必要になり、雨じまいも悪いため、今は半外付けが主流です。
昔の家ですとサッシの取替えのみとかの場合ですと、見切りなしで納まりがよいために内付けを使用していたりして、外付けは和室のサッシとして内障子をつけたりするときに納まりがいいために使用されることがあるそうですが、今現在では、ほとんど使用されているところはみかけることはありません。